レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

青柳幸利先生の著書紹介 ウォーキングで健康になる 

どうも青柳信者のDeV3です。

今日は、青柳先生の推奨するウォーキングついて語ってみたいと思います。

青柳先生の名前をすでにご存知の方も、多いと思います。

健康をあつかうTV番組などで群馬県中之条町の奇跡として、

何度も取り上げられているからです。

15年以上(2015年の時点)かけて集められた5000人分のデータ量は、圧倒的なものです。

さらに量だけでなく、信頼性と質でも他に類のない驚くべきものでした。

・ 同じ町の65歳以上に限ったこと (気候・食生活・生活習慣などの誤差が少ない)

・ 住民の一日24時間・365日の活動計の記録を採取している

・ 毎年一回詳細なアンケートを実施。回収率は99%。(健康に意識の高い人だけの結果ではない)

・ 身体活動計は起床後終身までつける(入浴中は除く)が、

  1日18時間、1年のうち270日以上装着したもののみ分析の対象とする。

 ・ 結果、約5000人のうち95%のデータを分析。      

『やってはいけないウォーキング』(SB新書)より

これは参考にしない手はありません。

ぜひ、入手して精読してください。

青柳幸利先生の推奨するウォーキングとは ?

やってはいけないウォーキング【電子書籍】[ 青柳 幸利 ]

価格:864円
(2018/8/4 13:53時点)
感想(0件)

ポイントは以下の5点です。
  1. 毎日、平均8000歩、歩けば、ほぼ健康問題は解決する
  2. 毎日10000歩、歩くのは歩きすぎで、マイナスが大きい
  3. 8000歩の中に中強度の運動を20分、含まねば意味がない
  4. 量と質を両立させることが必要
  5. ただしすでにメタボの場合は10000歩、歩くべし

 

よくある誤解

・ 8000歩、ウォーキングしなきゃならない。

まず青柳先生のいう、8000歩とか、10000歩は朝起きてから寝るまでの、

すべての歩数の合計です。

だから布団から起き上がって、トイレまでの歩数とか家の中の移動、通勤・通学・買い物も

全てを含んでいます。

だからウォーキングで歩く分は、日常生活で8000歩に足りない分だけです。

 

・ 毎日歩かなきゃいけない。

年間を通して、1日平均で8000歩を達成できれば大丈夫です。 

だから雪の積もる冬・炎天下の夏に歩数が減っても、その分気候のいい春秋にがんばればOK。

週中は仕事で忙しくても、週末や休日に歩けば大丈夫です。

要は一日の平均値が8000歩に到達すればいいのです。

 

・中強度の運動って、汗ばむ運動のこと

違います。

単純にいえば『話はできるが歌うことのできない運動』のことです。

厳密には『あなたの最大酸素摂取量の40-60%の運動』のことです。

具体的には、やや重い家事や山歩き、「何とか会話ができる程度の早歩き」などが、

中強度の運動にあたります。

もっとも同じ活動でも、それが中強度なのかどうかは、個人差もあります。

また同一人物でも、年齢によって変わってきます。

正確な運動強度を知りたい方は、万歩計ではなく、活動計をつけて歩くとよいでしょう。

 

・ 高強度の運動をした方がより健康になる

固定記事でも書きましたが、運動のやりすぎや、高強度の運動は健康維持という観点からは、

マイナスが多くなります。

日ごろから鍛えているはずのトップアスリートやボディビルダーが、風邪をひきやすいのは、

低体脂肪で体が冷えるからではなく、高強度の運動が体の免疫機能を下げるせいだそうです。

同じ理由で、歩きすぎ(毎日10000歩以上)や過度の筋トレも健康面ではマイナスになります。

 

・ 中強度の運動はないけど、低強度を長時間やった。

・ 8000歩には到達しないが4000歩は歩いた、半分は効果が出る

残念ながら、質と量の両立がなければ、効果はゼロです。

『オール・オア・ナンの法則』と本書では紹介されていました。

 

・ じゃあ4000歩歩くのは無意味なのか

前項と矛盾するようですが、無意味ではありません。

というのも病気予防には、ボーダーラインが存在すると青柳先生は突き止めました。

たとえば、『寝たきり・うつ病』の予防ラインは4000歩・中強度5分です。

『寝たきり・うつ病』に認知症・心疾患・脳卒中を加えた予防ライン5000歩・中強度7.5分です。

さらに、ガン・動脈硬化・骨粗しょう症を予防したければ、

予防ラインは7000歩・中強度15分になります。

そして再三、青柳先生の協調する『8000歩・中強度20分』で高血圧・糖尿病と

ほぼすべての生活習慣病が予防できてしまうのです。

 

・ 歩く時間は朝がいい

起床後一時間は、危険な時間だと指摘されてます。

逆にいいのは夕方の17時以執心の2.3時間前。

体温の1日の変化にそって出された結論です。

 

・ じゃあ、1日に1万~3万歩歩いたら、即アウト?

これも違います。

あくまでも個人差があり、一概に言えません。

あなたがまだ40代までで特に健康上の問題を抱えていないなら、

たまにそういうことがあっても問題ありません。

要は『毎日10000歩以上は、普通の人には歩きすぎ』ってことです。

 

・  じゃあ、DeV3は7.5~12kmも歩いてるから、アウトだろ!!

前項の太字をよく読んでください。

DeV3は普通の人間ではありません。

高血圧・高脂血症・高血糖(になりかけ)のメタボ人間なのです。

だから平均10000歩歩かねばならないのです!

DeV3 の999の秘密 その20・22

DeV3 の999の秘密 その20

DeV3は高血圧・高脂血症・高血糖(になりかけ)のメタボ人間なのだ


DeV3 の999の秘密 その21

DeV3は世界の平和と健康のために毎日10000歩以上歩きつづけるさだめなのだ

https://img.omni7.jp/co/productimage/0001/product/53/1106574753/image/1106574753_main_l.jpg

http://shop.tanita.co.jp/img/goods/L/TAM143BK.jpg

2 thoughts on “青柳幸利先生の著書紹介 ウォーキングで健康になる 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です