レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

ウォーキングでダイエットを目指す人に歩数計・万歩計・活動量計は、必要

歩数計・万歩計を買ったDeV3

正直言って、このDeV3、万歩計・歩数計のことなめてました。

あってもなくても、どっちでもいいが、ないよりはマシていどに考えていました。

しかし、これ完全に間違いです。

すいませんでした。

DeV3がそう考えていたのは、苦い経験に基づいています。

今から20年ほど前、ひょんなことからDeV3は万歩計を手に入れました。

おぼろ気な記憶では、何かのイベントの記念品として配られた万歩計・歩数計をDeV3が

親から譲り受けたのです。

しかし、当時のDeV3は万歩計・歩数計にたいして懐疑的でした。

まず精度が信用できない。

当時、スクーターで移動する機会が多かったので、バイクの振動も歩数に

カウントされちゃうんじゃないのか? 等です。

まあ、実際に歩いた歩数と万歩計の数字が大きく離れていました。

とくに階段の上り下りや、すり足気味に歩いた時などは、カウントされません。

それでも、説明書の通り腰のベルトに装着していました。

習慣になれば、かさばるものではありませんから苦になりません。

時々、表示された数字を眺めては、ニヤニヤしていたような気がします。

そんなある日、公園のトイレで小用を足していたところ、何かの拍子で

歩数計が便器の中に落下したのです。

まさに悲劇でした。

便器と言っても、男子用小便器ではなく、昔の公衆トイレによくある

大きな溝になっているタイプ。(非水洗でとっても汚く・臭い)

もはや、その万歩計を使う気にはなれませんでした。

そもそも防水でないので、表示もおかしくなっていましたし。

DeV3は思いました。

万歩計は、なんて簡単に壊れるのか、精度も悪いし……

もう使う必要もないかと。

ところが、最近、スポーツ用品のサイトをのぞくうち、興味がわいてきました。

そしてついに、涼を求めてふらふらと入った大型スポーツ専門店で、

歩数計を衝動買いしてしまったのです。

現在の万歩計は段違いの優れモノ

売り場では、それほど高額商品だったわけではありません。

せいぜい1000-3000円でした。

それでも、機能と精度は大きく向上していました。

電気製品、特にこの手の精密機器は進歩がすごい。

まず、昔のものは腰に装着せよと指定されてました。

そうしないと正確な計測ができないというのです。

ところが現在のものは、カバンやポケットの中でも大丈夫です。

これだけで、DeV3の悲劇はくり返さずにすみます。

肝心の精度もすごかった。

車の運転中、階段の上り下り、その他で歩数を数えつつ見てみたら正確です。

この夏、いい買い物になりました。

 

山佐時計計器 山佐(YAMASA) ポケット万歩計 [ブラック] / ZEX150

価格:2,080円
(2018/8/4 08:59時点)
感想(0件)

 

追記 

昔の万歩計のように、腰のベルトに装着しなくてもよいのは、

3Dセンサーを搭載しているおかげらしいです。

だから、買うなら3Dセンサー搭載型を買うとよいです。

もっとも、売り場のほとんどの商品が、3Dセンサー搭載型でした。

万歩計・歩数計をもって日没後の街を歩き回る

そんないい物を手に入れたら、ますます使ってみたくなるじゃないですか!!!!

誰だって、そうです。

帰宅後、夕食をすませたDeV3は、まだ路面のアスファルトが熱気を放つ外へと出かけたのです。

新しい歩数計を手に入れてみると、本当に歩きたいという欲求が突き上げてきます。

そして、いつものコースが何歩なのか?

青柳先生のいう健康維持のために必要な8000歩を達成できるのか?

(ただしDeV3のようなスーパー・メタボ人間は10000歩以上)

歩く時間は一日に正確に何分なのか?

その消費カロリーは何カロリー?

気になって、気になって仕方がありません。

知りたい、確かめたいという衝動がとまりません。

こういう新しい道具を定期的に投入するのは、ウォーキングをつづける裏技だと思います。

万歩計・歩数計日没後の街を歩き回った報告詳細

では報告します。

8/2

12:30-18:30 2.7km

3560歩

19:00-23:50 15.4km(寄り道分を含む)

21345歩

計24905歩   18km

本当にクセになりそうです。

 

DRETEC デカ画面活動量計 歩数計 健康メーター H-301BK

価格:2,004円
(2018/8/4 09:00時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です