レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

孤独のグルメ 井之頭五郎とレコーディングダイエット 後編

井之頭五郎の失敗から学ぶ

 

【新品】【本】孤独のグルメ巡礼ガイド 週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班/著

価格:979円
(2018/8/5 23:17時点)
感想(0件)

 

後編では井之頭五郎の失敗を考えてみましょう。

TV版では、実在の店を使っている関係上、ほぼ失敗はありませんが、原作では何作があります。

  1. コンビニ飯で買いすぎ
  2. 博多ラーメン店で注文しすぎ
  3. 豚汁の店での豚肉かぶり等の食材かぶり

順番に分析していきましょう。

 

コンビニ飯で買いすぎ

画像は上から、

・原作漫画のコンビニで買いすぎた物

・原作漫画の再現

・ドラマの砂町商店街で買物です。

原作漫画では、深夜、残業をしていた井之頭五郎氏が空腹を感じ、コンビニに夜食を買いに

出かけることからはじまります。

いわゆる深夜の買いすぎからのバク食い。

深夜のコンビニには、巧妙な罠が仕掛けられているのです。

同じことは、DeV3にもよくあります

これをやらかすとたいてい、その日の摂取カロリーが、2000㎉でも後半になります。

3000㎉をこえる場合は、まず深夜のバク食いが関係しています。

Dev3の場合は、深夜に限らずスーパーに買い物に行くと、不必要に買いすぎる傾向があります。

では、『なぜ買いすぎるのか』というと、大量の商品を前にテンションが上がり、色々と考え、

大量購入をいつの間にか正当化しちゃうのです。

店だって客の購買意欲を刺激するプロなんですから、色々としかけてますよ、当然。

具体例を挙げると、こんなパターンが思い浮かびます。

 

モズクは動脈硬化にいいというし、買っとくか。

納豆も同じく粘り気が体にいいといってたな、よし買いだめしとこう。

肉が食いたいから買いと。でもバランスは大事だ、ついでに魚も買おうか。

ずいぶん安いな。お買い得だ、予定外だが買おう。

おお、これ美味そう。

 

健康にいい、安い、しばらく食べてない、バランスを取ろう等といろいろな理由が浮かんで、

つい買いすぎてしまうのです。

思えば、日本人は誰もが、栄養のバランスをとるのは大切であると刷り込まれています。

そんなの常識だよと、誰もが答えるでしょう。

では、そのバランスって誰が決めたの?

それに答えられる人は少ないです。

というよりも、そもそも正しい栄養のバランスというものは、存在しないというのです。

アメリカでは、すでに「正しい三大栄養素比率」

「理想的な栄養バランス」という概念自体が廃れています。

(『糖質制限の真実』山田悟 幻冬舎新書 p104.105)

 

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて (幻冬舎新書) [ 山田悟 ]

価格:842円
(2018/8/5 22:40時点)
感想(7件)

ちょっと話がそれましたが、要は知らず知らず多めに買う口実は多く、

空腹時はそれを無条件に受け入れてしまうから、危ないぞっていうことです。

ちなみにドラマの井之頭五郎は、あさり飯は大ではなく小を選んでいました。

まぐろカツも一枚だけ、となりに売っていた海老カツはスルーしました。

もっとも、もつ煮込みは300gも買いましたが。

ああいう商店街だとテンションが上がって、誰だって買いすぎます。

博多ラーメン店で注文しすぎ

漫画原作にあるこの話で、井之頭五郎氏は完食できず残してしまいます。

井之頭五郎自身も認めているように、明らかに頼みすぎたのです。

その失敗の原因を探ってみましょう。

五郎氏は、しばらく食べていなかった博多・豚骨ラーメンの店を見て、

誘われるように入っていきます。

ここまでは良いです。

しかし、セットのライスが半ライスにもかかわらず、ついさんまの味噌煮の缶詰を

その場の雰囲気と空腹感から追加注文してしまいます。

豚骨ラーメン屋には、ありがちな辛子高菜にも箸をのばしています。

辛子高菜で白飯を食べると、抜群にうまいです。

ホントに飯が進みます。

正確には缶詰・辛子高菜だけではなく、テーブルに置かれたふりかけにまで手を出しています。

これだけ飯の友がそろえば、白飯が足りなくなるのは必定。

当然、半ライスを追加します。

そして豚骨ラーメンの定番、替え玉も注文し、あっさり玉砕するわけです。

やはり、入店前にある程度の方針を決めておき、それをなるべく守べきでした。

 

豚肉かぶり等の食材かぶり

一食の中で食材がダブっても、目標カロリー以内ならば、気にすることはありません。

これは、地元の安い・美味い・大盛で評判のうどん屋で、

ゴボウ天うどん(超大盛)と天丼のセットをたのみつづけたDeV3の戯言です。

なにしろ炭水化物かぶりの、天ぷらかぶりのWかぶりですよ。

それから見れば、井之頭五郎氏のかぶりは、カスリ傷みたいなものです。

実は井之頭五郎は、原作漫画でしばしば食材のかぶりをやらかしています。

豚肉以外にも、芋とかサザエ、卵がかぶります。

そういうかぶりが発生するときは、その場の雰囲気や、思いつきで注文しているときです。

 

とにかく落ち着け、俺は腹が減っているだけなんだという、あのフレーズを思い出しましょう。

空腹感と店の雰囲気に流されることなく、注文の数と量をしぼりましょう。

4 thoughts on “孤独のグルメ 井之頭五郎とレコーディングダイエット 後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です