レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

夏の定番 そうめんを攻略する その1 乾麺のカロリーは? 

報告

8/13

100㎏ 32.3% 

摂取カロリー 2644㎉

歩数   14309歩

深夜のウォーキング(8/12分で記録)の他にも、日中、かなり歩き回りました。

それで油断したというわけではありませんが、夕食は、帰りにつけ麺を大盛りで食べました。

昼はおろししょうゆうどん・小盛。

麺づくしですが、DeV3は、この夏、まだそうめんは食べてません。

記録を読み返して、気づいたことです。

麺食いのDeV3自身にも意外でした。

さて、そうめんはダイエットから見て、どんな食材でしょうか?

材料は小麦と水で同じですが、そうめんは、うどん・冷麦と太さが違うだけです。

したがって、グラム単位のカロリーに大差はありません。

つまり、カロリーが特別低いというものではありません。

ただし、そうめんは製造過程で油を塗る分、若干、カロリーが上乗せされるようです。

どっちにしてもDeV3には、食べ過ぎてしまうメニューなので、注意が必要でしょう。

そうめんを攻略するために

自炊するときに参考にしてください。

何度か書きましたが、この際、キッチンスケールをそろえた方がいいでしょう。

厳しく糖質制限をするならば、家族の分と一緒にゆでたとしても、自分が口に入れる分を

計量する必要がありますから。

乾麺100gのカロリー

そうめん    356㎉
手延そうめん  342㎉

うどん     348㎉
そば      344㎉
スパゲッティー 328㎉する



乾麺で100gでもゆでれば、水分を含むので2倍以上に増えます。

つまり、米と一緒で、ゆでた後はカロリー計算の数字は変わります。

言われてみれば当たり前ですが、案外これを書き落としているサイトは少なくありません。

レコーディングダイエットで、記録・計算するときには、ゆでる前の乾麺なのか、

ゆであがったものなのかを常に意識しましょう。

ゆでたもの100gのカロリー

そうめん・手延そうめん 127kcal 

そば  114-132㎉

うどん 105-126㎉

ゆであがった、うどんとそばの比較では、

水分をより多く含むうどんの方がカロリーが低いようです。

薬味以外にも、いろいろと具材を乗せるうどんやそばと違って、

そうめんは少量の薬味とつゆだけで、食べることが多いため

食後の血糖値が急上昇しそうです。

血糖値上昇の対策として、ネギ、しょうが、ごま、オクラ、みょうが、とろろ昆布などの

薬味を大量に加えることが有効でしょう。

意外と重要なのが、ゆであがった後、水洗いを念入りにすることです。

水洗いを丹念にすることで、油分が落ちてカロリーが低下させることも

可能だといいます。

なんにせよ、夏は食べる機会が多く、のど越しがよいため、つい食べすぎがちなそうめん。

用心が必要な一品なのは間違いありません。。

https://img.omni7.jp/co/productimage/0001/product/09/556409/image/104714-p_main_l.jpg

 

 

1 thought on “夏の定番 そうめんを攻略する その1 乾麺のカロリーは? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です