レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

ウォーキングをつづけるコツと裏技 その4 実践 コース選び

実践してみたら

以前の記事で、DeV3は歩くコースをいくつか確保するとよいと書きました。

たとえば、美味しいものやビールの飲める店を目的地にすることは、その一例です。

(言うまでもなく飲酒運転はできませんから、日ごろは外食では飲むことはありません。)

今回は、皆さんの周りにもある歩きやすい穴場をご紹介します

山道・林道

山道や林道の傾斜は、適度な負荷となって、我らの脂肪を燃やしてくれるでしょう。

空気も澄んでいて気持ちいいです。

秋は紅葉、春は山桜と目を楽しませてくれ、歩くには気持ちのいい季節です。

DeV3の場合、花粉症がないのですが、花粉症の人に春は不向きかもしれません。

特に林道や山道は、季節の移り変わりを体感できる道です。

ただし、夏は歩くのに厳しい季節です。

予想外の伏兵がいます、それは虫です。

やぶ蚊・虻・蜂がまとわりついてきて、うっとおしくて、大変です。

木陰は涼しいですが、途中、飲み物が欲しくなっても山道・林道では入手はむつかしいです。

持参するか、事前に入手できる店や自販機を調べておきましょう。

自販機はともかくお店はキョリ測の地図で下調べできます。

 

意外かもしれませんが、実は、冬が一番歩きやすい時期です。

虫はいないし、空気は乾いている。

流れる汗もほてった顔も、山の冷気が冷やしてくれます。

ただし、熊やイノシシにはご注意を。

ちなみにDeV3の住んでいる地域には熊はいませんが、猪は出ます。

熊よけの鈴 新潟県の工芸品 Tin of bear repellent, Niigata crafts

価格:1,944円
(2018/10/29 00:02時点)
感想(0件)

人気のない運動公園

わりとあちこちあるのに、人が少ないです。

おまけに遊歩道がめぐらされており、歩きやすいです。

トイレ・自販機・駐車場があるところも便利。

少々家から離れていてもウォーキングのために通う価値ありです。



画像は、旅行先の長崎で見つけた公園。

人っ気がない。

上は駐車場、下は芝生の広場。

この広場を囲むように長い遊歩道がのびる。

一級・二級河川の堤防、河川敷

これは文句なしにおすすめできます。

なんといっても、車・バイクが来ないから安全です。

同じようにウォーキングやジョギングしている人、犬の散歩をしている人

行きかうだけなので、すいすい歩けます。

街灯はないですが、見通しがいいのもグッド。

風が吹きつけるので、冬は大変です、今の時期ならばなんの問題もありません。

 



まず、水分補給から。

堤防の道には、自販機はまずありませんから。

日曜の午後ですから、わりと走っている人が多いです。

道幅は軽自動車がとりあえず通れるぐらいですが、もちろん車は侵入できません。

たまに自転車が通ります。

堤防の道は、まとまった距離をじっくり歩くことができます。

おすすめです。

くり返しますが季節により風は強くなります。

遮るものがないので、寒風にさらされることになります。

その点だけは、ご注意を。

そして、こういう河川敷にはよく公園があり、公衆トイレがあります。

これは意外と重要な利点です。

 

 

3 thoughts on “ウォーキングをつづけるコツと裏技 その4 実践 コース選び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です