レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

ウォーキングをつづけるコツと裏技 その5 実践 コース選び・街中

街中でのコースを選ぶコツ

前回の記事、ウォーキングをつづけるコツと裏技 その4 実践 コース選びでは、

おもに林道や公園、堤防といったコースを紹介しました。

近くに住んでいるのならば、問題なくそのコースを歩けばいいでしょう。

しかし、現実には街中に住んでいたり、手軽にそこまで行けない場合も多々あります。

その場合には、街中を歩かねばなりません。

街中で歩きやすいコースを見つけるコツ

ひとつ街中にウォーキングのコースを見つける利点は、トイレが確保しやすいことです。

途中にコンビニを複数個所見つけておきましょう。

これだけで、様々な緊急事態に対応できます。

コンビニは飲み物の入手や雨宿りの場所など、考える以上に利用価値は大きいです。

他には公園も、事前に見つけておきましょう。

近年、整備された公園は、防犯対策が施されており、外からの見晴らしもよく

照明も十分に確保されています。

そんなわけで、なるべく新しい公園を見つけておきましょう。

当然、いかつい輩がたむろしていないことは、確認しておきましょう。

結局のところ、車の通行量の多くない住宅街を選ぶのが、無難かもしれません。

街中ウォーキングでの意外な落とし穴?

気づいている方も多いと思いますが、街中の歩道では多くのランナーやウォーカーが、

既に走っています。

そして、彼らの格好はおしゃれなのです。

DeV3は、ここで大いに悩みました。

なにせ、つい数年前まで、大型スポーツ店へ近寄れなかったほどなのですから。

あんまり気合の入った格好はためらわれるが、かといって普段着は歩きずらい。

ばっちり決めた格好を知り合いに見られら、こっ恥ずかしいなと。

その対策として、人通りの多い18-20時をさけ、それ以後の時間を歩くことにしました。

ランニングパンツではなくハーフパンツに、上着は通気性・速乾性に優れたシャツにしました。

タイツは履くつもりはありませんが、靴はニューバランス。

夜ならば、サングラスや帽子も不要ですから、それほど目立ちはしない。

ウォーキング・ダンベルを持っていても、恥ずかしくない。

 

実際に歩きに出ると、こういうつまらないことが意外と気になるものなのです。

 

ナイキ NIKE メンズ ドライフィット レジェンド L/S Tシャツ 長袖 トレーニングシャツ スポーツウェア ランニング ジョギング ジム トレーニング フィットネス スポーツ シャツ ウェア 20%off

価格:2,590円
(2018/10/30 23:30時点)
感想(5件)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 thoughts on “ウォーキングをつづけるコツと裏技 その5 実践 コース選び・街中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です