レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

レコーディングダイエットのコツと裏技 コンビニを攻略する その6 おやつはどうする?

間食は止められるか?

ダイエットである以上、当然、やめるべきという答になりそうです。

しかし、レコーディングダイエットは、きわめて実戦的かつ現実的なダイエットです。

実際、ある程度の期間、レコーディングダイエットをやってみれば、わかりますが。

ある程度の間食の制限はわりと簡単にできます。

しかし、完全にやめることはすこぶる困難であることに気づきます。

具体的に言えば、今までケーキを3-5個食べているところを1個だけにするとか。

風呂上りや寝る前に習慣的に、毎日、アイスクリームを食べていたところを、

一日おきにするとか。

毎日、大量に飲んでいたコーラ等の清涼飲料水をゼロカロリーのものや

ウーロン茶等のお茶(無糖)にするとか。

これは割と誰でもできます。

しかし、ケーキを今後一切食べないとか、間食は絶対禁止とかは、

現実的には不可能です。

そんなことができるぐらいならば、最初から、ダイエットなんて必要になりません。

そう、ある程度の間食をしてしまうことを前提に、食べすぎない方法、

食べても大丈夫な低カロリーなものを探すという現実的な対策を立てた方が賢明です。

 

現実的な対策 おすすめ商品

以前の記事でも提言しましたが、お菓子が食べたいのならば、コンビニのPBを

選ぶのが賢明です。

というのも、価格を抑えるためにみな小ぶりになっているのです。

当然、スーパーでファミリーパックを買うよりもカロリーはぐっと低くなります。

しかも、健康にも気を遣っているのです。

今回はそんな商品を紹介します。

ファミリーマートで見つけました。

カロリーは、353㎉。

しかし、食物繊維4.8gは評価できます。

糖質28gはいけませんが、胡麻は血圧低下に有効です。

この大豆チップはおすすめです。

なんとたったの143㎉。

食物繊維7.4g、糖質9.2gとぐっと低い。

食べた方はお気づきだと思いますが、一枚一枚がけっこう厚く波打っているので、

噛み応えがあります。

満足感が高いのです。

続いては、イカフライの2連発。

よく見たら気づくと思いますが、カロリーは、上が127㎉、下が140㎉です。

時々、無性に食べたくなるイカフライがハイカロリーであることを考えると、

意外な穴場商品と言えるでしょう。

ちょっと値は張りますが、さきイカもおすすめです。

最後はこれ。

餅太郎というあられです。

今回気づいたのですが、これはもち米ではなく、小麦粉が使われています。

わりと量があるので、何回かに分けて食べるとよいでしょう。

今回は、こんなところです。

また、いいものを見つけたら紹介します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です