レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

レコーディングダイエットのコツと裏技 天下一品を攻略する (2020 1/14追記)

天下一品 特濃ラーメンの雄

お久しぶりの記事が、いきなりハイ・カロリーです。

再三、指摘している通り、このラーメンが死ぬほど好きならば、

『自分は一生、この店の敷居を跨がない』という決意をすることは、非現実的です。

より現実的なのは、来店頻度を落とすという決意をすることです。

かくいうDeV3が、ここに行ったのも、1年ぶりです。

 

天下一品にて、DeV3はかく戦った

1 入店前に食べるメニューを決めておく。

DeV3は、特濃を食べるつもりだったので、大盛り、餃子は止めにした。

ライスは大盛り一杯のみにした。

 

2 特濃スープなので、完飲は止めた。

特濃とあっさりでは、カロリーは天と地の差があります。

特濃940㎉に対して、あっさり380㎉。

ここまでの差を考えれば、もはや別次元の食べ物です。

いつもはどこのラーメンでも、スープは完飲のDeV3ですが、スープ1/3ほど残しました。

特濃スープで満足感が高いせいなのか、わりと無理なく残せました。

(完飲の方が難しかったのかもしれません)

 

3 ライスは大盛り一杯のみ

実のところ、もう一杯の追加をしようかと悩みました。

特濃スープとライスの愛称は悪魔的ですから。

炒飯だとそうはいきません。

 

 

さらば

次に行くのは、多分、来年になります。

ネギとチャーシューの追加は、おすすめです。

 

 

 

2020 1/14 追記

日曜日に行ってきました。

店は混んでました。

こんなものを食べました。

スープは、『こっさり』、特濃とあっさりの間の品です。

創業当時の屋台の味だそうです。

これでもかなり濃厚ですから、たいていの方は、これで十分。

特濃を注文する必要はないかもしれません。

おなじみの調味料群、これをどう活用するかで勝敗が決まる。

 

今日は、この辛子味噌をチョイス。

味噌煮トウガラシが入ってますが、あまり辛くはありませんでした。

てっきり、久留米・博多系のラーメン店によくある唐辛子とニンニクの利いた赤だと

思っていたのでちょっとビックリ。

あまり好きな味ではありませんでした。

 

こっさりラーメン・並、鳥天、ライスのセット。

『こっさり』は特濃よりはあっさり、アッサリよりは濃厚。

丼の大きさに注目。

なんか小さくないかい?

今回、スープは完飲しました。

小さく見えた丼の謎がここに……。

量は変わらず、ただスープを冷めにくくするためだったとは、……。

てっきりコスト削減のためでと、誤解してました。

正直、すまんかった『天下一品』。

 

 

 

 

1 thought on “レコーディングダイエットのコツと裏技 天下一品を攻略する (2020 1/14追記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です