レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

夏の自炊 冷製パスタをつくる  

パスタとレコーディングダイエット

今回、調理したのは、極細パスタのカッペリーニ。

俺もシャレオツのイタリアンを……なんて考えたからではなく、

格安処分価格にひかれて購入した品です。

今まで、何度かチャレンジし羽田野ですが、ことごとく失敗しました。

普通のパスタソース(ナポリタン・カルボナーラ・ミートソース・バジル等)で作ると

完食できないほどでした。

それでネット検索してみました。

すると汁気の多いソースで食べるパスタ、それも冷製でとあるではありませんか。

そんなわけでリベンジを狙い調理してみました。

 

パスタとレコーディングダイエットとの関連性についていえば、量を調整しやすい。

カロリーを計算しやすいと割と使いやすい食材だす。

思い起こせばそうめんダイエットについても語っています。

その関連記事もご覧ください。

 

 

 

さてDeV3のカッペリーニのレシピはこれ

まずは缶詰のトマト。

重量は400gで76㎉。

これも自炊するならば覚えておくと便利な数字

念のため準備したドレッシング。

カロリーは色々ですが、やはり

玉ねぎはお好みで。

DeV3は小を一個入れました。

大玉 100㎉

中玉 80㎉

小玉 55㎉

100gにつき37㎉

 

 

 

 

そのまま使えるストレートタイプの汁と濃縮タイプならば、濃縮タイプがよかったです。

そのまま使えるストレートタイプだとトマト缶の水分で薄くなります。

そのため、ストレートタイプを使った初回は微妙な出来でした。

くり返しますが、濃縮タイプを使わなかったため初回のデキは微妙でした。

トマト風素麺、極薄味といった感じです。

完食はできましたが、とにかく薄かったです。

薄かった原因をさらに考えればオリーブ、オイルを使わなかったせいかもしれません。

オリーブオイルは10g・80㎉です。

だいたいカッペリーニ100gに10g程度使えば十分でしょう。

かなり汁気が多くなってます。

材料はトマト缶・水・そうめん汁(ストレートタイプ)・玉ねぎです。

調理時間は10分。

まさにトマト味のそうめん。

なんか足りないとバジル追加した。

つるつる食べましたが、微妙でした。

もちろん完食はしました。

 

さらに後日

前回の教訓を生かして再挑戦。

今回は、そうめん汁は濃縮タイプを使いました。

そして、健康にいいオリーブオイルも投入

もちろん玉ねぎも入ってます。

ぐっと美味しくなりました。

さらにドレッシングの援軍投入。

この日は二種類準備しました。

結局、シーザーサラダドレッシングを投入。

まろやかになりました。

見た目もよくなったし、ぐっと食べやすくなりました。

もちろん、バジルも適時追加投入してます。

 

 

 

 

結論として

カッペリーニは、汁気の多い冷製で食べればいけます。

 

参考数値

トマト缶76㎉

オリーブオイル30g・240㎉

素麺汁(濃縮タイプ)・30g・30㎉

カッペリーニ・300g・1080㎉

玉ねぎ 小 55㎉ 

 

他ドレッシング・バジル

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です