レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

なぜレコーディングダイエットなのか?

レコーディングダイエットとは

レコーディング・ダイエットとは、岡田斗司夫が著書『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社、2007年。ISBN 978-4106102271)で紹介したダイエット法である。2006年4月頃より、岡田斗司夫が実践・開発したダイエット法の一つで、日々摂取する食物とそのエネルギー量を記録することで、自分が摂取しているエネルギー量、食事の内容、間食などを自覚し、食生活の改善につなげるというものである。



その2007年。

当時、自分が超えるはずがないと信じていた100kg台に突入し、

しかも、体重の増加傾向がとまらにくなっていました。

とうとう106kgとなり、いよいよ焦りはじめていたあの頃のDeV3は、

本屋でこの本と出合いました。

手に取った瞬間、帯の岡田斗司夫氏の変わり果てた姿に声を失い、

ページを開くと内容に一気に引きずり込まれ、

気がついたときには、本を手にレジの前に立っていました。

あの晩の体験は今でも忘れられません。

魅入られたとしか言いようがありません。

それにしても岡田氏の姿は衝撃でした。

なにしろ超ド級デブのオタキングが、スリムなナイスミドルになっていたのですから……。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書) [ 岡田斗司夫 ]

価格:756円
(2018/7/1 03:52時点)
感想(232件)

このDeV3も早速、実行しました。

 

 

 

現在は、パソコンで管理していますが、この頃は手帳にメモしていました。

上の画像はその手帳です。

実際、9ヵ月ほどで12kg痩せたのですが、そこで停滞。

 

 

その後、記録もつけなくなり徐々にリバウンド。

116kgという異次元へと到達してしまったのです。

ただし、記録をつける習慣とカロリーをとりあえず考えるクセは、完全に失われませんでした。

とぎれとぎれですが、記録を再開したことが何度もありました。

そしてこの4年ほどは、食べた物とカロリーの記録は継続しています。

ブームは去ったが

ググるといろいろと出てきますが、岡田氏の本がベストセラーになり、

レコーディングダイエットのブームが起こります。

なにしろ、あの岡田氏の劇的な変化は、すさまじいの一言。

最近ならば、好感度ナンバーワンのタレントが、一夜のうちに超嫌われ者になり、

CMやゴールデンタイムから姿を消した事件に匹敵するインパクトでした。

そうこうするうちに、いくつかのトラブルと岡田氏のリバウンドで、

ブームはいつのまにか終息へとむかいました。

ただ、健康診断時の医師などからも、この方法に似た指導が出ますので、

有効性はゆるぎないと思います。

現にDeV3fは、116kgから93kgまで、再び減量できましたから。

もっとも……その後またリバウンドて105kgになりました。

 

なぜあえて今、レコーディングダイエット?

やはり、今まで体験した数多くのダイエットの中で

『一番とっちつきやすく、継続性が最も高い方法はなにか?』と問われるならば

『レコーディング・ダイエット』と断言できるからです。

実際に一生つづけることができそうか?

そう問われて、思いつくダイエット法は多くありません。

〇〇だけを食べ続ける単品ダイエットなど、考えただけでもぞっとします。

そんなわけで、DeV3は今回のレコーディング・ダイエットを最後の挑戦として

再び減量に挑むことを決意しました。

ダイエットを志す読者の皆さんにも、励ましとか参考になったら幸いです。




本音でいえば……

一番、楽ちんでお手軽、しかもゆるくて抜け道だらけ、

誰もが夢見る食べて痩せるダイエットに一番近いのが、レコーディングダイエットなのです。

思うに単品ダイエットやその他の食事制限のダイエットは、一言に要約すれば

『~だけを食べなければならない』、『~を食べてはいけない』ダイエットです。

これではストレスが溜まります。

どんな人でも、同じものばかり一週間食べ続けるのはつらいです。

かの人気TV番組『いきなり黄金伝説』の「一週間~だけ食べる生活」の挑戦者たちの、

悲惨な姿を思い出してください。

気力を喪失し、イライラし些細なことでブチ切れていました。

そんなわけで、単品ダイエットやその他の食事制限のダイエットを

長期間、少なくとも一生つづけるのは不可能です。

もし、継続できる人がいるのならば、相当な精神力の持ち主だけでしょう。

他方、レコーディングダイエットは、知恵をしぼり何とかして抜け道を見つけ

『~を食べられるようにする』ダイエットなのです。

カロリーが高いもの、ダイエット中には、食べてはいけないはずのものを

いつも腹いっぱい食べまくっているとは言いませんが、DEV3は好きなものを食べています。

また出されたものは、すべて完食していきます。

けして、残すような真似はいたしてません。

そうして初めて、レコーディングダイエットの真価を示せるのではないかと考えます。