レコーディング・ダイエットとウォーキングの日々

ウォーキングを始めるために

青柳先生の著書は必読

ウォーキングをはじめる前に読んでいただきたい本があります。

それは柳幸利先生の著作です。

信者と呼ばれてもかまいません。

というより、データの圧倒的な量と高い質による説得力。

感服しました!

なお、青柳先生の著書は、「美容」ではなく、「健康」に重点を置いています。

すでに標準体型けど、あと3cmウエストを細くしたいとか、

二の腕、太ももの部分痩せの方法が知りたいという方は、あてが外れたと思うかもしれません。

実際にDeV3が入手し、読んだのは次の二冊です。

『一日一万歩はやめなさい!-15年、5000人を超す調査でわかったスゴイ健康法 (廣済堂健康人新書)』


『やってはいけないウォーキング (SB新書) 』    

一見すると矛盾をはらんだ刺激的なタイトルですが、大いに感銘を受けた2冊です。

『歩けば歩くほど健康になる』とか、『ハードな運動をする方が、体力がつく』という

自分の中の常識が、木っ端みじんになりました。

同時に長年の疑問が、氷解しました。

元プロ野球選手って、割と短命じゃないか? という疑問です。

野球選手は、プロボクサーとか力士みたいに、健康に悪そうには思えません。

みんながみんなとは言いませんが、川上哲治さんや杉下茂さんみたいな、

90代の元プロ野球選手が、もっとたくさんいてもいいはずです。

でも50代、60代で、亡くなる例が多い印象です。

一般人よりはるかにトレーニングを積み、鍛えているはずのプロのアスリートがなぜ?

その疑問にこの本が、きっちりと答えてくれました。

ウォーキングにとりくむ前に、また取り組んでいるときにも、ぜひ熟読してください。

ちなみに「1万歩はやめなさい」より「やってはいけないウォーキング」の方が、

内容がより簡潔になっており、さくっと読めます。

 

青柳先生の主張は次の三点

・スポーツをする体力と病気を予防するためのための威力は別物

・ハードなトレーニング、運動のやりすぎはかえって健康に悪い

・一日8000歩かつ20分(中強度の運動)を主観にするのがベスト


ここで注意を一言。

8000歩、20分の基準は、あくまでも病気を予防したり、健康を守るための一般的な基準です。

DeV3のようなすでにメタボリックは、

『10000歩、30分を目指せ』と書いています。

一日一万歩はやめなさい! (健康人新書) [ 青柳幸利 ]

価格:864円
(2018/7/1 03:47時点)
感想(0件)

やってはいけないウォーキング【電子書籍】[ 青柳 幸利 ]

価格:864円
(2018/7/1 03:46時点)
感想(0件)